Kawamoto Yoshiko Art Gallery

川本淑子は、日本画家、生きる喜びや日常の中で起こりうる友情・孤独・ぬくもり・嬉しさなどの感覚を大事にしています。代表的な作品には、ウサギや小鳥などの動物や植物を通して「ふれあい」を感じ、共感できる作品を多く描いています。近年ヨガの影響を受け生と死、因果、宇宙の摂理など、ヨガ哲学思考の作品も展開しています。
(コメント:Gasho)

中島千波先生と

川本淑子談

芸大で、どの先生を師事したのですか?
中島千波先生の側で勉強がしたくて、東京藝術大学 デザイン科へ入り、そのまま描画装飾研究室で日本画の技法を研究しました。

芸大の気風とは?
芸大は教授からは何も教わりません。一般での教わる!という感覚とちょっと違うのでしょうね。観て感じて、自分でしっかり学び、自ら成長していく場所が芸大です。生徒さんも自分から率先して何か研究する人が多かったし、それが当たり前でしたから、何を教わったのか・・・・と考えてしまうんです。教授たちの姿そのものが学びのスタイルにあるので、自分で探せない生徒は置いていかれるだけですが、この絵の世界もそのような場所なのだと実感していました。

絵の世界とは?

絵の世界は自由だけどとても厳しい世界でもある。鉄のように頑丈な心身でないと芸術の世界では生きていけない。でも大切なのは、千波先生のように柔軟でユーモラスさがないと人はついてきません。これは言葉では教われないし、側にいないと理解できない事だったと改めて思います。私はとても素晴らしい場所で学ぶ事が出来たのだと、卒業して気づくことができました。

Gasho
川本淑子先生は、経歴でもわかるように、中島千波先生の教え子というくらいあらゆる面で千波先生にお世話になっています。有名(画廊、百貨店)美術館への展示や個展。着実に日本画家としての地位を築いています。今後のご活躍を期待しています。

川本淑子経歴

・1979年

神奈川県横浜市に生まれる

・2003年

東京藝術大学美術学部デザイン科 卒業

東京藝術大学デザイン科描画造形研究室 『やぶのなか』(ギャラリー青羅/銀座)
-Christmas in Peace- 『平和へのメッセージ展』 (佐藤美術館/新宿・銀座)
・2004年 

初個展 『ぬくもり~日本画展』 (福原画廊/銀座)

無限展 -日本画ーもみの木画廊/自由ケ丘 (2004ー2008)

東京藝術大学デザイン科描画造形研究室 『やぶのなか』(銀座松坂屋別館)
第二回 前田青邨記念大賞展(東美濃ふれあいセンター・アリーナ/岐阜県中津川)入選
・2005年 

東京藝術大学大学院美術研究科 修士課程デザイン専攻 

描画装飾研究室(大藪雅孝研究室・中島千波研究室)修了 師:大藪雅孝・中島千波

『~こころあい~ レスポワール展』 (銀座スルガ台画廊)
『~のんき~ 日本画展』(福原画廊/銀座)
『波濤の會』 銀座松坂屋別館・名古屋松坂屋本店(以後毎年)
・2006年 

『作家の卵展』 おぶせミュージアム・中島千波館(『ShinPA!』に改名し、以後毎年)
『開廊1周年記念展』 (アート フロンティア/新川)
・2007年 

干支展 『丁亥』 (アート フロンティア/新川)
ShinPA 『作家の卵展 巡回』 佐藤美術館/新宿 (以後毎年)
『自然を描く 新鋭作家絵画展』 (上野松坂屋美術サロン)
・2008年 

『第13回手書き代 絵馬展』 (信金小布施支店街頭ギャラリー/小布施) (以後毎年参加)
俊英作家絵画展 ―次世代を見つめて― (阪神美術画廊 9階/ぎゃるりー神戸)
『Wave 2008 華波の会』 日本橋三越本店本館/6階美術特選画廊 (以後毎年)
第5回 求美の会 (池袋東武/6階美術画廊)
若手作家選抜4号展 (キャラリー吉田/兵庫)
『~めぐる季節~ 日本画展』 (福原画廊/銀座)
・2009年 

干支展 『己丑』 (アート フロンティア/新川)
S・H氏が見守る作家達の展覧会 (アート フロンティア/新川)
『けんじいさんの田んぼ』 おおきなポケット 5月号 挿絵 (福音館書店)
若手作家選抜4号展 (ギャラリーM&M/徳島)
あーとZOO展 (池袋東武)
『~ふれあい~ 個展』 (池袋東武)
・2010年 

ふれあい町田ホスピタル
『波濤の會』 (上野松坂屋別館・名古屋松坂屋本店・九州 井筒屋) (以後毎年)
『~ふれあい~ 個展』 (池袋東武)
『ShinPA!!!! 東京展』に改名し巡回 (佐藤美術館) (以後毎年)
風雅の会 (大丸東京)
二人展―酒井一×川本淑子 (船橋東武)

・2011年 

日本画総合展 (吉祥寺東急百貨店)
二人展―菅原百佳×川本淑子 (藤沢さいか屋)
トキメキ派日本画グループ展示 (大丸神戸)
個展 (渋谷東急百貨店)
『~ふれあい~ 個展』 (池袋東武)
凛の会展 (船橋東武)
・2012年 

日本画五人女流展―(しらみず美術)
二人展―桜井敬史×川本淑子
心とこころを結ぶグリーティングカード・チャリティー展(しらみず美術)
第6回 求美の会(池袋東武)
・2013年 

Yogaの活動を開始し、作品の中にもyogaのエッセンスを盛り込む
・2014年 

第6回 無限展
第2回 桜花賞展/郷さくら美術館 美術館蔵
波音の会/日本橋三越本店 (以後毎年参加)
朝日チャリティー美術展・大阪展 /なんば髙島屋
・2015年 

ShinPA 10th Anniversary /ギャラリ―アートもりもと
朝日チャリティー美術展・大阪展 /なんば髙島屋 /以後毎年参加
ShinPA in 諏訪 /北澤美術館 /以後毎年参加
・2016年 

サクラ、桜、さくら展 / 新潟伊勢丹7階ホール
朝日チャリティー美術展・大阪展 /なんば髙島屋
波音の会/日本橋三越本店
ShinPA in 諏訪 /北澤美術館
・2017年 

現代アーティストクレパス画展 /サクラアートミュージアム 大阪展、東京展、鳥取展 巡回
現代作家70名が描く、つくる~吾輩の猫展 秋開催予定 /佐藤美術館

・2018年

ShinPA in 諏訪 メイン作家4名にて参加 /北澤美術館

group空 /銀座スルガ台画廊

朝日チャリティー美術展・大阪展 /なんば髙島屋

空 group展 /銀座スルガ台画廊

Gasho(TAISUKE)と川本淑子コラボ!

日本初シヴァナンダヨガ岡山1期生の二人は、お互いに切磋琢磨、悟りの世界を目指す!兄貴分のTAISUKEは世界最高資格Yoga Alliance E-RYT500取得、川本淑子さんもE-RYT200/500取得。淑子さんの自由な魂は、ヨガとの融合によりさらに穏やかに光り輝く。ヨガとは、魂の成長のため自分自身のエゴを取り去ること。宇宙と同化し自然の摂理に逆らわない生き方を提案します。これからの淑子さん魂の成長で、素晴らしく画風が変わりそうな予感です!そんな川本淑子さんをサポートするコラボ企画です。
Gasho(TAISUKE)

川本淑子タイさん(TAISUKE)とのエピソードコメント

2013年 シヴァナンダヨガでタイさん(TAISUKE)と出会いました。この時はヨガTTC生の同期として親睦を深めつつ、ヨガについてお互いの方向性を語り合ったりした時代です。この6年、一緒にコラボヨガをしたこともあったし、私の絵画活動にも興味をもっていただく機会も増えてきました。今回、gashoとして真剣に取り組むにあたり、これまでの流れは必然だったのだと感じます。これがヨガの可能性と縁であり必然の出来事なのだと確信することができます。宇宙に無駄はない、本当にそうだと思いますそして今、絵画の活動は私自身がタイさんに導かれるようにヨガが深まってくる中で、描く世界が変わってきました。ヨガは多くの恩恵を与えてくれます。これからも絵画はヨガを深めると共に成長をしていきます。gashoタイさんの力を貸していただきながら、多くの可能性を見出していけるように取り組んでいきたいと思います。
川本淑子

作品証明

額の裏には作家(川本淑子)の作品を証明するシールを施します。
日本画は、日本古来の手法で描かれています。支持体は和紙、木製パネルになり接着剤は膠(にかわ)です。描いている絵の具は、岩絵の具、澄、箔などです。とても繊細な素材ですので作品の保管は注意が必要です。加湿、乾燥しすぎない環境を好みます。